CarTalk

CarTALK 2000
The European Project CarTALK 2000
http://www.cartalk2000.net/│CarTALK2000│CarTalk website

CarTalk2000

The European Project CarTALK 2000

Welcome to CarTalk2000
CARTALK This European project is focusing on new driver assistance systems which are based upon inter-vehicle communication. The main objectives are the development of co-operative driver assistance systems and the development of a self-organising ad-hoc radio network as a communication basis with the aim of preparing a future standard.

欧州、北米、日本の車々間通信に関する技術、標準化動向の紹介があった。欧州では、CarTALK2000が終了し、新プロジェクトのPReVENTに移行し、2007年に成果公表される。北米では、VSCC(Vehicle Safety Communication Consortium)を中心に5.9GHz帯を用いた無線LANベースの通信方式がIVCとRVC同一規格で推進されている。現在、IVCでは追突防止、レーンチェンジ、RVCでは信号情報伝達と左折アシストを主要なアプリケーションとして、国家予算でプロトタイプの開発が進められている。日本においては、RVCがARIB STD-T75として既に実用化されており、この技術をIVCに利用する方向で検討されている。

CARTALK - CARTALK is an advanced driver support system based on vehicle-to-vehicle communication technologies. It started in August 2001 as a three-year project that is funded within the Information Society Technologies cluster of the EU's 5th Framework Programme for R&D. The aim is to develop a mobile ad hoc network as a first step in the development of future co-operative systems for road safety. A vehicle sends a warning message when it detects a breakdown, high traffic density, congestion or dangerous road surfaces. This allows early warnings to be sent to other vehicles on the same road, and makes it possible to brake early when a car hidden by the one in front is already braking. This system can also help to prevent misunderstandings between drivers already on a highway and those trying to enter it (7 partners, including a car manufacturer, a parts supplier, research institutes and universities). For more information, see:

CARTALK--CARTALKは車車間通信技術に基づく高度なドライバーサポート・システムです。 それは2001年8月に研究開発のためにEUの第5Framework Programmeの情報Society Technologiesクラスタの中に資金を供給される3年のプロジェクトとして始まりました。 目的は、交通安全の将来の協働体系の開発における第一歩として可動のアドホックネットワークを開発することです。 それが故障、高い交通密度、混雑または危険な道路の表面を検出するとき、乗り物は、警告メッセージを送ります。 これで、早期警戒が同じ道路で他の乗り物に送られるのを許容して、前部のものに隠れている車を既にブレーキをかけているとき、早くブレーキをかけるのは可能になります。 また、このシステムは、既に高速道路とそれらのドライバーの間の誤解がそれ(自動車製造業者、部品メーカー、研究所、および大学を含む7人のパートナー)に入ろうとするのを防ぐのを助けることができます。 詳しくは、見てください:

CarTALK 2000

safe and comfortable driving based upon inter-vehicle communication
車車間通信に基づく安全で快適な運転

The European Project CarTALK 2000 is focussing on new driver assistance systems which are based upon inter-vehicle communication. The main objectives are the development of co-operative driver assistance systems and the development of a self-organising ad-hoc radio network as a communication basis with the aim of preparing a future standard.

ヨーロッパのProject CarTALK2000は車車間通信に基づいている新しい運転者支援システムに焦点を合わせています。 主な目標は、将来の規格を準備する目的があるコミュニケーション基礎として協力的な運転者支援システムの開発と自己組織化の臨時のラジオ放送網の発展です。

As for the assistance system, the main issues are:

  • assessment of todayユs and future applications for co-operative driver assistance systems,
  • development of software structures and algorithms, i.e. new fusion techniques,
  • testing and demonstrating assistance functions in probe vehicles in real or reconstructed traffic scenarios.

To achieve a suitable communication system, algorithms for radio ad-hoc networks with extremely high dynamic network topologies are developed and prototypes are tested in probe vehicles. Apart from the technological goals, CarTALK 2000 actively addresses market introduction strategies including cost/ benefit analyses and legal aspects, and eventually aims at the standardisation to bring these systems to the European market.

CarTALK 2000 started in August 2001 as a three-years project which is funded within the IST Cluster of the 5th Framework Program of the European Commission.

支援システムに関して、本題は以下の通りです。
* 今日ユsの査定と協力的な運転者支援システムの将来の応用 * すなわち、ソフトウェア構造とアルゴリズムの開発、新しい融合法 * 本当の、または、再建されたトラフィックシナリオの探査機に支援機能をテストして、示すこと。適当な通信系を達成するために、非常に高いダイナミックなネットワークtopologiesがあるラジオ広告-hocネットワークに関するアルゴリズムは発生しています、そして、プロトタイプは探査機でテストされます。 技術目標は別として、CarTALK2000は、市場導入が費用/利益分析と法律面を含む戦略であると活発に扱って、結局、これらのシステムをヨーロッパの市場に持って来ることを規格化を目指します。 CarTALK2000は2001年8月に欧州委員会の第5Framework ProgramのIST Clusterの中で資金を供給される3年のプロジェクトとして始まりました。

Inter-vehicle communications may save lives

車車間通信は命を救うかもしれません。

This is the broad vision behind the EU-funded project CarTALK 2000. The project developed cooperative driver assistance systems and a self-organising ad-hoc radio network with the aim of preparing a future standard. Dr Christian Maihoer of DaimlerChrysler and coordinator of CarTALK 2000 believes that such technology will have a vital role to play in saving lives in the future.

"If we want to achieve the goal of improved road safety and significantly reduce the number of road fatalities, local sensors alone will not be able to fully achieve this goal. Therefore the idea is for sensor information and information about manoeuvres to be transmitted from one car to other cars in the vicinity.

This allow early reactions like braking if some vehicles in front have had to use emergency braking and helps to prevent rear end collisions," he says. The data exchange between vehicles is made possible by ad-hoc networks. These short-distance connections are spontaneously created between the vehicles as the need arises and can organise themselves without the help of any external infrastructure.

Other scenarios where such technology might be useful are if a vehicle encounters a critical situation such as congestion, fog, ice or an accident. It can pass the relevant information on to all affected road users in the immediate vicinity of the danger spot. Traffic approaching from further away is given ample warning and can respond to the situation.

In this spontaneous information network, each vehicle can take on the role of a sender, receiver or router, allowing a chain of information to be built up that is capable of covering a substantial distance.

There are also clear benefits for traffic flow as well, explains Maihoer. "The system allows cooperative manoeuvres like lane merging or highway entering, where some vehicles ミ and not necessarily the entering vehicle, perhaps vehicles already driving on the highway have to be slowed down or accelerated in order to allow for smooth traffic flow. This also prevents accidents and increases comfort," he says.

Maihoer acknowledges that making the transition from successful concept to fully commercial application is not likely to be a straightforward process.

これはEUによって資金を供給されたプロジェクトCarTALK2000の後ろの広いビジョンです。 プロジェクトは将来の規格を準備する目的で運転者支援システムと自己組織化の臨時のラジオ放送網を協力して発展させました。 ダイムラークライスラーのクリスチャンのMaihoer博士とCarTALK2000のコーディネータは、そのような技術には将来命を救う際に果たす重大な役割があると信じています。 「改良された交通安全の目標を達成して、交通事故死亡者の数をかなり減少させたいと思うなら、ローカルのセンサだけが完全にこの目標を達成できるというわけではないでしょう。」 したがって、考えは、操縦のセンサ情報と情報が1台の車から他の車までその付近に伝えられることです。 「前部のいくつかの乗り物であればブレーキをかけるのが、非常ブレーキを使用しなければならなくて、追突を防ぐのを助けるように、これは早めの反応を許します。」と、彼は言います。 乗り物の間のデータ交換はアドホックネットワークによって可能にされます。 これらの短距離接続は、乗り物の間で自然に必要に応じて創造されて、どんな外部のインフラストラクチャの助けなしでも自分たちを構成できます。 そのような技術が役に立つかもしれない他のシナリオは乗り物が混雑、霧、氷または事故などの重大な局面に遭遇するかどうかということです。 それは危険スポットの即座の付近のすべての影響を受ける道路使用者に関連情報を渡すことができます。 さらに遠さから近づく交通は、十分な警告を与えて、状況に応じることができます。 この自然発生的な情報網では、各乗り物は送付者、受信機またはルータの役割を引き受けることができます、かなりの距離をカバーできる、確立されるべき情報のチェーンを許容して。 Maihoerは、また、また、交通の流れのための明確な利益があると説明します。 「システムは車線合併か高速道路の入るような協力的な操縦を許します、必ず入る乗り物、おそらく高速道路を既に努力させる乗り物ではなく、いくつかの乗り物のミが滑らかな交通の流れを考慮するために減速させられなければならないか、または加速されなければならないところで。」 「これは、また、事故を防いで、安らぎを増加させます。」と、彼は言います。 Maihoerは、うまくいっている概念から完全に市販のアプリケーションまでの変遷をするのが簡単な過程である傾向がないと認めます。

"There are a few main obstacles to be overcome," he explains. "The first customers, for instance, will not derive any benefit from the system because it depends on other systems in the vicinity to be viable. The benefit comes only after a significant penetration is achieved, somewhere around 10 per cent of all cars equipped with the technology. This makes it difficult to introduce such a system," he said.

Another formidable obstacle to be overcome is the need for standardisation and agreement among all European Original Equipment Manufacturers (OEMs) on adopting and implementing one common system, a task that will inevitably delay the introduction of such technology. This is currently addressed in the car-to-car communication consortium (C2C-CC). And finally, there are complex and costly legal issues to be addressed, explains Maihoer.

"The current legal framework will make it difficult for OEMs to introduce such technology because even if the system saves lives in total, the liability for individual system failure must be settled," he says.

So, will the technology developed by CarTALK 2000 find its way into cars in the near future? Maihoer believes such a question misses the real point of the project, which was to advance the cause of inter-vehicle communications as a potential boon for road safety.

"From the project partners there are no immediate public product plans for the system investigated in CarTALK 2000 because this was very visionary research which could not come into commercial production before 2010. However, we know that several OEMs and suppliers are continuing their research and some have started pre-development activities," he says.

Despite missing immediate product plans, however, Maihoer is confident that CarTALK 2000's technology will resurface in some shape or form in the near future.

"As a definitive result we can say that the technologies and some spin-offs of these technologies considered in CarTALK 2000 will soon be seen in vehicles, even if at the beginning they are not used for safety applications. CarTalk itself has ended but there are other research projects such as Prevent and Safespot where we carry on the most important ideas of CarTalk but with more focus on short-term realisation and production probability," he ends.

「いくつかの主な越えなければならない障害があります。」と、彼は説明します。 「実行可能になるようにその付近で他のシステムによるので、例えば、最初の顧客がどんな利益にもシステムに由来していないでしょう。」 重要な浸透が達成された後にだけ、利益は来ます、すべての車の約10パーセントが技術を備えていたところ。 「これで、そのようなシステムを紹介するのは難しくなります。」と、彼は言いました。 打ち勝つべき別の手強い障害は、必然的にそのような技術の導入を遅らせるタスクという1台の一般的なシステムを採用して導入する規格化の必要性とすべてのヨーロッパのOriginal Equipment Manufacturers(OEM)の中の協定です。 これは現在、車から車へのコミュニケーション共同体(C2C-CC)で記述されます。 Maihoerは、そして、記述されるために最終的に、複雑で高価な法律問題があると説明します。 「現在の法的枠組みで、システムが合計で命を救っても、個人能率給制の故障のための責任が決着しなければならないので、OEMがそのような技術を導入するのが難しくなるでしょう。」と、彼は言います。 それで、近い将来車でCarTALK2000掘り出し物によって方法で開発された技術は、そうするでしょうか? Maihoerは、そのような質問が交通安全のための潜在的恩恵として車車間通信の原因を進めることになっていたプロジェクトの本当のポイントを逃すと信じています。 「プロジェクトパートナーから、これが2010年前に営業生産に入ることができなかった非常に空想家の研究であったので、CarTALK2000で調査されたシステムのためのどんな即座の公共の製品計画も来ていません。」 「しかしながら、私たちは、いくつかのOEMと供給者が彼らの研究を続けていて、或るものがプレ開発活動を出発させたのを知っています。」と、彼は言います。 なくなった即座の製品計画にもかかわらず、しかしながら、Maihoerは、CarTALK2000の技術が何らかの形で再浮上するか、または近い将来形成されると確信しています。 「決定的な結果として、私たちは、技術と車のCarTALK2000で考えられていたこれらの技術のいくつかのスピンオフがまもなく見られると言うことができます、それらが始めに安全アプリケーションに使用されなくても。」 彼は、「CarTalk自身が終わりましたが、私たちがCarTalkの最も重要な考えで運ぶ、PreventやSafespotなどの他の研究計画がありますが、以上で、短期的な現金化と生産確率に焦点を合わせてください」を終わらせます。

Improved safety through car-to-car communication CARTALK is an advanced driver support system based on vehicle to vehicle communication technologies. The aim is to develop a mobile ad hoc network as a first step in the development of future co-operative systems for road safety. A vehicle sends a warning message when it detects a breakdown, high traffic density, congestion, or dangerous road surfaces. This allows early warnings to be sent to other vehicles on the same road, and makes it possible to brake early when a car hidden by the one in front is already braking. This system can also help to prevent misunderstandings between drivers already on a highway and those trying to enter it. The project is comprised of 7 partners, including a car manufacturer, a parts supplier, research institutes and universities.

車から車へのコミュニケーションCARTALKを通した改良された安全はシステム乗り物の通信技術への乗り物に基づいている高度なドライバーサポートです。 目的は、交通安全の将来の協働体系の開発における第一歩として可動のアドホックネットワークを開発することです。 それが故障、高い交通密度、混雑、または危険な道路の表面を検出するとき、乗り物は、警告メッセージを送ります。 これで、早期警戒が同じ道路で他の乗り物に送られるのを許容して、前部のものに隠れている車を既にブレーキをかけているとき、早くブレーキをかけるのは可能になります。 また、このシステムは、既に高速道路とそれらのドライバーの間の誤解がそれに入ろうとするのを防ぐのを助けることができます。 プロジェクトは自動車製造業者、部品メーカー、研究所、および大学を含む7人のパートナーから成ります。

CARTALK CARTALK is an advanced driver support system based on vehicle to vehicle communication technologies. It started in August 2001 as a three-year project which is funded within the Information Society Technologies cluster of the EU’s 5th Framework Programme for R&D. The aim is to develop a mobile ad hoc network as a first step in the development of future co-operative systems for road safety. A vehicle sends a warning message when it detects a breakdown, high traffic density, congestion, or dangerous road surfaces. This allows early warnings to be sent to other vehicles on the same road, and makes it possible to brake early when a car hidden by the one in front is already braking. This system can also help to prevent misunderstandings between drivers already on a highway and those trying to enter it (7 partners, including a car manufacturer, a parts supplier, research institutes and universities).

CARTALK CARTALKは乗り物の通信技術への乗り物に基づく高度なドライバーサポート・システムです。 それは2001年8月に研究開発のためにEUの第5Framework Programmeの情報Society Technologiesクラスタの中に資金を供給される3年のプロジェクトとして始まりました。 目的は、交通安全の将来の協働体系の開発における第一歩として可動のアドホックネットワークを開発することです。 それが故障、高い交通密度、混雑、または危険な道路の表面を検出するとき、乗り物は、警告メッセージを送ります。 これで、早期警戒が同じ道路で他の乗り物に送られるのを許容して、前部のものに隠れている車を既にブレーキをかけているとき、早くブレーキをかけるのは可能になります。 また、このシステムは、既に高速道路とそれらのドライバーの間の誤解がそれ(自動車製造業者、部品メーカー、研究所、および大学を含む7人のパートナー)に入ろうとするのを防ぐのを助けることができます。

Yahoo検索結果1  Yahoo検索結果2 Yahoo検索結果3 Google検索結果1 Google検索結果2 Google検索結果3

Links PR|寄付・募金被リンク相互リンクヤフカテ・モバイルSEO対策優良リンクClientServ Corporation東京のハウスクリーニングEdgewoodLasco ElectronicsChi OmegaKSAdominicosbogota2007婚活Local Real Estate AgentMiller-Krueger Dodge automobile dealership大理ガイドやずやの香醋出会いDigital SmackElection glossary